明利酒類様

Sake Walkerのメンバーが全国の酒蔵を訪ねる「酒蔵訪問記」。
記念すべき第一回は、今話題の明利酒類さんにお邪魔しました。

基本情報

名前明利酒類株式会社[HP]
場所茨城県水戸市
有名銘柄副将軍 百年梅酒

酒造ではなく酒類とあるように、
日本酒だけではなく、梅酒や焼酎、リキュール、ジンなどさまざまなお酒を作っています!

まずは日本酒の製造現場を見学。
東大日本酒研究会としては初めての酒蔵訪問で、緊張しつつ入らせていただきました。
蔵の中では製造部長の皆藤さんから専門的なことについてお聞きしました。

泡が出ているところまで撮ることはできなかったのですが、
この桶の中で今まさに小川酵母による発酵が進んでいます。
日本酒の真髄とも言える並行複発酵ですね!
協会10号酵母の元となった酵母なのですが、品評会でも高い確率で賞をとっているとても優秀な酵母です。

12月なので本格的に仕込みが進んでいます。
副将軍のような有名銘柄の他にも、新開発した酵母で仕込んだ実験作も作っていました!
発売が楽しみです。

次にそこから少し発酵が進んで、熟成させるタンクまでやってきました。
とても大きいので、足場に登って上から眺めてます。

中はまだ清酒ではなく、どぶろく状態です。
ここから徐々に熟成を進めて、日本酒度、アルコール度数をあげていきます。

絞る前なので、もろみがたくさんあります。これを絞って原酒にします。

こちらの薮田式の圧搾機で絞っていきます。
実物を見たのは初めてでした。目の前にあると圧巻です・・・。

絞った後は火入れや熟成などの過程をへて、実際の製品となります。
試飲の話は後ほど・・・

この写真は、ジンの製造所です。
日本酒を用いたり、柑橘類を多めに用いたりと特徴的な製法をしています。

この他にも、酒類工場らしい風景がたくさんあったのですが、
初めての企画ゆえに写真があまりないです…… 申し訳ない。
次からはもっと豊富な写真を撮りたいと思います。
 特に圧巻だったのが、火入れ用のタンクです。先程の熟成用のタンクも圧巻でした。
しかしそれを遥かに上回る大きさで、首が痛くなるほど見上げなければ全部が見えません。近々酒蔵訪問を開催する、というお話もあったので、ぜひその時に見てみてください!

最後はお待ちかねの試飲!
明利酒類の隣にある直売所の別春館でたくさんのお酒を飲ませていただきました。

冒頭にも書きましたが、
日本酒だけでなく、とにかく色々な酒類のお酒があるのが特徴です。
僕もたくさん試飲しすぎて、つい酔ってしましました笑 
個人的おすすめは百年梅酒、10号の2本です。

百年梅酒は甘さの違う数本があって、その違いが興味深く、
10号は、明利酒類一押しの日本酒で、ご飯と一緒に飲みたい、スッキリしたお酒でした。

以上、第一回酒蔵訪問記でした。
明利酒類さん、そして加藤さんには本当に親切にいろいろと教えていただき、また貴重な体験もさせていただきました。
酒蔵という非日常に触れられてとても面白かったです。

素晴らしい日本酒の世界にもっともっと触れていきたいと思います。

PAGE TOP